当選確率を上げるために

当たる確率が低い宝くじを買うこと

宝くじが当たる確率は、その当選番号の長さから考えると、また販売された枚数から考えると相当低くなります。
例えば会社が新規事業をおこなう場合にその成功確率がそのぐらい低いと実施しないのが普通です。
しかし宝くじであればそのぐらい低くても購入する人が多いです。
そう考えると、当選云々よりも購入することが癖になっていて購入しないと気が済まないように感じる人も多いのです。
夢を買うと言っている人もいるぐらいです。
そのような中でもロトくじは自分で数字を選択できて、またその候補となる数も限定されているために購入する人が多いです。
宝くじと違い数字が勝手に決められるのではなく、自分で当たりだと思う数字を選択することができるために、はずれた場合も自分の責任に転嫁することができて、自身で納得できる場合が多いです。
これと同様な関係がサッカーくじのBIGとtotoが該当して、BIGは勝手に勝つチームが選択されますが、totoは自分で勝ち負けを選択できます。

宝くじに当選する確率を上げるために

夢を買うといえばギャンブル的な発想を抱くのが普通ですが、誰もが生活の一部として宝くじをとらえ、買い続けています。
当選する確率は天文学的なもので、末等が当たるのも難しいでしょう。
ただ、10枚買って1枚当たれば元がとれるので、これを目当てにして買い続ける人は後を絶ちません。
数字の選び方も人それぞれで、自分の生年月日や好きな順番、特定の日づけやラッキーナンバーと呼ばれるものを購入します。
どれが当たりやすいなどのジンクスはありませんし、毎回ニアピンではずす人もいるので、まさに神のみぞ知るのが当たりくじです。
宝くじに当選する確率を上げるために、一番簡単な方法はたくさんのくじを買うことです。
これは単純ですが間違いなくどれかは当たるでしょう。
よしんば100枚買って一枚も当たらなかったとしても、次1000万円のくじに当たってしまえば損はありません。
考え方次第でくじはギャンブルにもなりますが、当たった時の利益も大きいです。

『宝くじ 確率』 最新ツイート

最終更新日:2015/6/25

COPYRIGHT(C) あたればいいな ALL RIGHT RESERVED