当選しやすい人

本当に宝くじは当選するのか?

宝くじのCMはテレビ等でも大々的に放送されており、多くの方は目にされたことがあるでしょう。
さて、買う人は「万が一ということもある」買わない人は「どうせ当たらない」と意見が分かれますが、では実際に買ったくじが当選する確率というのはどのくらいなのでしょうか。
ためしに最新のグリーンジャンボ宝くじ第673回の結果を分析してみましょう。
発売された枚数は1億7千枚でしたので、一等は17本で1,000万分の一の確率、前後賞で500万分の一、二等で250万分の一、三等で10万分の一、と続きます。
ちなみに先進国の飛行機が墜落する確率は300万分の一だと言われていますので、こうしてみると一等はそう簡単に当選しない事が分かりますね。
しかし逆に考えると、この世には乗った飛行機が不幸にも墜落してしまう人もいるように、億の賞金が当たる人も確かに存在する、ということでもあります。
それが自分である可能性もゼロではないのです。
そう考えるだけでもワクワクしてきますよね。
宝くじが江戸時代に富くじとして売られるようになってから、数世紀たっても多くの人気を集めるのは、きっと確率論を超えるその高揚感にあるのでしょう。

宝くじが当選しやすい人とは

誰もが一攫千金を夢見るものですが、その最も近い方法が宝くじではないでしょうか。
楽してお金を稼ごうという魂胆は良くないのかもしれないですが、当選するのも運や実力だと思います。
買い続けていればいつかは当たると誰もが思い描きますが、現実にはなかなか難しいようです。
たくさん購入すればそれだけ当たる確率も多いですが、実際に当たっている人に聞くと、購入枚数は僅かだそうです。
例えば連番10枚、バラ10枚だったりするそうです。
当たる人は何をやってもいつかは当たるものなのですね。
またいろいろとメディアでも取り上げられていますが、宝くじに当選しやすい人は男性ではイニシャルがT.Kのようです。
これも本当かどうかは分かりませんが、そういった確立が出ているようです。
何はともあれ、宝くじは購入してみない限り分かりませんので、あまり多額を投資せず自分の身の丈にあった投資金額で楽しく購入するのが良いと思います。
こつこつと貯金をしている感覚でやってみるのがおすすめです。

『宝くじ 当選』 最新ツイート

check


Last update:2015/6/18

COPYRIGHT(C) あたればいいな ALL RIGHT RESERVED